紅花茶で血糖値を下げる

色のきれいな紅花茶も、血糖値を下げるお茶として、人気の高いお茶です。 紅花は、エジプト原産といわれ、古くから様々な方法で利用されてきた植物ですが、日本でも古くから利用されており、山形県で主に栽培されています。

種子油は紅花油と呼ばれ、食用油として利用されたり、マーガリンの減量として利用されていますし、花は乾燥させて、染料として利用されています。

漢方では、乾燥させた花を『紅花』という生薬として利用します。生薬としての紅花の効用は、血流促進作用だといわれています。

紅花茶が血糖値を下げ、糖尿病に効果があるといわれる理由は、中医学にあるようです。 中医学とは、現代中国で利用されている伝統的な漢方のことですが、中医学では、近年、糖尿病に対する治療として、血中脂肪を下げたり、血液をきれいにしたり、 代謝を促進したりという方法が採用されているようです。

この中で血液をきれいにする、つまり血液の流れをスムーズにするために使われる生薬の一例として紅花が上げられ、さらに代謝を促進するため、ミネラルを補給できる生薬の一例としても、 紅花が上げられています。

また、紅花には、フラボノイドというポリフェノールも多く含まれており、抗酸化作用の高いポリフェノールの効果で血糖値を下げることができるとも言われています。

紅花茶は、カフェインを含まず、色もきれいなお茶であるため、女性の人気が高く、糖尿病患者でなくとも、楽しみながら健康になることができるお茶の1つでしょう。

血糖値にいいお茶をみつけた!

神の草と謳われ珍重されてきたというヒュウガトウキが
インスリンの分泌を高めて活性化させ、血糖値を下げるらしい

血糖、血圧の数値が両方高いので飲み始めたら、
疲れも残らず、毎日調子がいい!次回の検査が楽しみです。

 高血圧や糖尿に。手軽に毎日のお茶から【日向当帰原草80%使用】