健茶王で食後血糖値を下げる

健茶王は、カルピスから発売されている特定保健用食品のお茶です。 血糖値を下げるお茶として知られていますが、健茶王に含まれる難消化性デキストリンという食物繊維の働きで、糖の吸収を穏やかにし、食後の血糖値の上昇を抑える効果があります。

カルピスの研究では、健茶王+米飯の場合と、普通のお茶+米飯の場合で、食後血糖値の推移を調べたところ、健茶王を飲んだ場合の方が、食後血糖値の上昇が少なかったということです。この研究から、難消化性デキストリンには、糖の吸収を抑え、食後の血糖値上昇を抑える効果があることが確認されています。

健茶王は、食後の血糖値を抑えるお茶ですから、毎食ごとに飲んだ方が効果が高く、特に食前3分から食後15分程度の間に飲むといいとされています。 また、難消化性デキストリンは、食べ物に含まれる糖質の吸収を抑える効果があるため、食後高血糖の予防に利用することはできますが、空腹時血糖値を下げる効果はありません

健茶王には、緑茶タイプと烏龍茶タイプ、黒豆黒茶タイプがあり、好みで選ぶことができるだけでなく、 サイズも持ち運びに便利な280mlペットボトルと自宅で飲むのに便利な2Lペットボトルがあります。

血糖値を気にする方の食生活は、食品を選べないことも少なくないため、 自分の好みの味を選んで飲むことができるのは、うれしいですね。

血糖値にいいお茶をみつけた!

神の草と謳われ珍重されてきたというヒュウガトウキが
インスリンの分泌を高めて活性化させ、血糖値を下げるらしい

血糖、血圧の数値が両方高いので飲み始めたら、
疲れも残らず、毎日調子がいい!次回の検査が楽しみです。

 高血圧や糖尿に。手軽に毎日のお茶から【日向当帰原草80%使用】