ギムネマシルベスタ茶で食後血糖値の上昇を抑える

ギムネマシルベスタは、インド原産の多年草で、インドネシア、中国南西部など熱帯から亜熱帯地方似生息している植物です。

口に入れると、甘味を感じなくなる特徴を持つことでも、知られています。

ギムネマシルベスタ茶は、ギムネマシルベスタを乾燥させ、緑茶のように抽出して飲む飲み物。ダイエットに利用されるだけでなく、血糖値を下げる効果があると言われています。

また、ギムネマシルベスタは、甘味を感じなくさせるという味覚への影響が良く知られており、研究も、すすめられています。

甘味を感じなくさせる原因は、ギムネマ酸と言う物質の影響と考えられていますが、このギムネマ酸が小腸からの糖の吸収を抑え、食後血糖値の上昇を抑えることがわかっています。

さらに、インドの研究機関では、ギムネマシルベスタの成分が、インスリン分泌細胞に働きかけるため、インスリンの分泌が促進させるという説を唱えています。

いずれにしても、科学的なメカニズムは、まだ研究途中ですが、ギムネマシルベスタが、血糖値を下げる効果があることは、確かなようです。 T型糖尿病患者においては、血中の総コレステロールおよびトリグリセリドを低下させることもわかっています。

ギムネマシルベスタ茶は、小腸からの糖の吸収を妨げるのですから、食事の前に飲むか、食事と一緒に飲むのがベストな方法です

糖尿病の経口薬を飲んでいる方は、低血糖に注意が必要だといわれていますので、医師に相談してみたほうがいいかもしれませんね。

ギムネマシルベスタは、インドでは古くから健康増進に利用されてきましたが、 日本ではギムネマシルベスタ茶として、糖尿病の方や糖尿病予備軍の方の飲み物に利用され、 また、ダイエットの手段としても利用されています。 これからの研究に期待ができる健康茶です。

血糖値にいいお茶をみつけた!

神の草と謳われ珍重されてきたというヒュウガトウキが
インスリンの分泌を高めて活性化させ、血糖値を下げるらしい

血糖、血圧の数値が両方高いので飲み始めたら、
疲れも残らず、毎日調子がいい!次回の検査が楽しみです。

 高血圧や糖尿に。手軽に毎日のお茶から【日向当帰原草80%使用】